教育の特色

3つのコース

アサンプション国際は、英語力を重点的に強化する「イングリッシュコース」、能動的学習で未来を拓く「アカデミックコース」、さらに理系進学を目指す「サイエンスコース」の3つのコースがあります。
少人数制のクラス編成により、一人ひとりを活かせる丁寧な指導を目指します。

イングリッシュ(英語進学)コース

実践的な英語力と、コミュニケーション力を育む

イングリッシュコースでは、これからの予測不可能な時代(VUCAの時代、Volatility=変動性、Uncertainty=不確実性、Complexity=複雑性、Ambiguity=曖昧性)を生き抜くために必要な力を身につけることを目標としています。受身ではなく、自ら行動し、気付くことのできる皆さんをお待ちしています。

イングリッシュコース
学びのポイント

「英語で学ぶ」教育を実践

イングリッシュコース最大の特徴は、英語というツールを使って、英語・数学・理科・音楽(中学のみ)・情報(高校のみ)などの授業を行っていることです。様々な教科を英語で学ぶことにより、生きた英語の習得が可能です。

英語だけの数日間

中学校1・2年生ではハウステンボスや蒜山でのイングリッシュキャンプ、高校1年生では学校内で4日間のエンカレッジプログラムがあります。その他、様々な学内プログラム、カナダやニュージーランドに留学するターム留学に参加できます。

生徒も先生も一緒に考える

疑問や不明点を抱えた生徒に対して、全てを事細かに説明したり、答えをすぐに与えたりするのではなく、生徒自身で考える時間が大切だと考えています。「Step Out Of Your Comfort Zone」自分の心地いい場所から一歩踏み出し、自ら行動を起こし、挑戦してみましょう。

イングリッシュコースの6年間の学び

英語イマージョン教育によりネイティブと語り合える英語力をメインに養成。さらにPBL(課題解決型授業)にも取り組みます。

目指す大学

・Assumption Collegeをはじめとする海外の大学
・国公立大学の国際関係学部や外国語学部
・関学などのSGU※をはじめとする私立大学の国際関係学部や外国語学部
 ※SGU…スーパーグローバル大学

アカデミック(総合進学)コース

卒業後の進路も見据えた豊かな学びを提供

アカデミックコースはいわゆる総合コースに当たります。PBL(課題解決型授業)を中心に、能動的学習能力を育てます。イングリッシュコースのように英語に特化したコースではありませんが、英会話・フランス語(高校)を含めた語学の時間は充実しています。フィリピンやフランス研修など、海外への短期留学にも参加できます。

アカデミックコース
学びのポイント

自ら課題を見つける

主体的に問題を発見し、解を見出していく能動的学習の手法を、あらゆる教科の中に取り入れていきます。世界的な規模で解決が必要な課題をテーマにし、変化の激しい時代を生き抜くための思考力を習得していきます。

みんなで考える

自らの考えや学びをテーマに、他者と討論を繰り返すことで「思考力」「表現力」を鍛えていきます。他者の意見に対する「理解力」を高めていくことで、自らの「思考力」を飛躍的に伸ばすことが可能です。

自らの考えを人に伝える

ディスカッション、レポートの書き方など、アウトプットの方法を学びます。最終的には、少人数の双方向授業形式で、各個人が考えるテーマに沿ってディスカッションやディベートを行い、研究発表を重ね、卒業論文・レポートを作成します。

アカデミックコースの6年間の学び

PBL(課題解決型授業)による能動的学習力をメインに養成。探究の時間を中心に教科横断的な力を育てます。

目指す大学

・国公立大学の文系、芸術系、文理融合系
・関学などのSGU※をはじめとする私立大学の文系・芸術系・文理融合系
 ※SGU…スーパーグローバル大学

サイエンス(理数進学)コース

理数系分野で、自ら課題を発見・解決する力を育てます

医療系や理工系を目指す人たちが集まる普通科理数コースです。同じ目標を持った人たちと、お互いに刺激し合いながら夢に近づくことができます。

サイエンスコース
学びのポイント

自ら課題を見つける

主体的に問題を発見し、解を見出していく能動的学習の手法を、あらゆる教科の中に取り入れていきます。世界的な規模で解決が必要な課題をテーマにし、変化の激しい時代を生き抜くための思考力を習得していきます。

サイエンスコースの6年間の学び

PBL(課題解決型授業)による能動的学習力をメインに養成。探究の時間を中心に教科横断的な力を育てます。

目指す大学

・国公立・私立大学の医・歯・薬・理工・農学部など