教育の特色

アサンプション国際の学び

教育理念

アサンプション国際中学校高等学校では、創立者 聖マリ・ウージェニーの教え「世界の平和に貢献する人の育成」を目指し、以下の5つを理念として掲げ、一人ひとりの個性を大切に伸ばしながら、多様化に対応できる寛容な心を育てる教育を大切にしています。

LIFE ― 活き活きとエネルギッシュに生きる人。
TRUTH ― いかなる時でも真実を見極め、誠実に行動する人。
FREEDOM ― 周りにながされず自分で判断し、自分らしく生きる人。
GOODNESS ― 一人ひとりの善さを大切に、ポジティブに思考・発言・行動する人。
ONENESS ― 誠実・隣人愛・喜びの精神を大切に、多様性を認め、ともに協働する人。

教育方針

アサンプション国際は、一人ひとりの善さを見出し、その内に秘めた可能性を信じます。
私たちは、「世界の平和に貢献する人の育成」のため、日々の関わりの中で寛容・信頼・思いやり・多様性を尊重し、幅広い知識を身につけ、社会的責任を担えるリーダーを育成する学習者を育てます。

学びのスパイラル

基礎学力を「創造的思考力」まで高める

身につけた基礎学力(「知識」「理解力」「応用力」)を、「PBL(課題解決型授業)」や体験学習など、特色ある学びを経て、より「深い学び」へいざない、思考力を高めます。思考力は「論理的思考力」から「批判的思考力」、最も高度な思考レベルである「創造的思考力」まで、学習の上昇スパイラルをトルネードのごとく活性化させていきます。

母語で学び、考える力を身につける

本校の「イングリッシュコース」では理科や数学を英語で行う「英語イマージョン教育」を導入していますが、文部科学省の学習指導要領の定める教育内容に則った内容を学びます。アサンプション国際では、3つのコース全てで母語(日本語)を学び、考える力を身につけることを重視しています。

喜びと感謝の心を育てるカトリック教育

アサンプション国際はカトリックの精神のもと、「豊かな人間性を育む教育」で、世界の平和に貢献する人の育成を目指します。