最新情報

祝ウィンドサーフィン世界選手権出場

2017.06.21 お知らせ

今回は、7月にフランスで行われるウィンドサーフィン世界選手権に出場が決まった、 高1の内藤くんにお話を聞きました。 内藤君は、中1の時に海に行った時に ウィンドサーフィンを見て自分でもやりたいと思い、独学で始めたそうです。 毎週末、朝から夕方まで1日中サーフィンの練習をしているそうです。

周囲にはコーチをつけて練習をしている人も多い中、 毎週お父さんと海に通い独学で練習をしてきたそうです。 昨年はイタリアの世界選手権にも出場。 出場135艇中12位、アジア勢トップという優秀な成績を収めました。 今年7月の世界選手権で上位に入賞すると、 来年ブエノスアイレス(アルゼンチン)で開催される ユースオリンピックに出場できるそうです。 夢は「オリンピック出場」。 2024年のオリンピック出場を視野に練習に励んでいるそうです。 (しっかりと先の目標を見据えていました。)

海外へ遠征に行くと、特に外国語の重要性を痛感するとのことで、 これから語学の学習を頑張りたいとも話してくれました。 学校でクラスの週番の際に、 日誌の天候欄に「風向き」や「風速」まで記入するほど頭の中はサーフィンでいっぱいです。 (ちなみに風速は体感で全てわかるそうです。) 試合中は雲の動きで風向きを予測して作戦を考えるため、 日頃から空を見るのが習慣になっているとのこと。