学力とともに、
一人ひとりの個性豊かな感性を
育む2つのコース

日本語で学ぶアカデミックコース

外国語教員(ネイティブ教員)2名と日本語教員1名の3名体制で1年生から「英語」の授業を行います。内容によって、クラスを習熟度別に分けて展開授業を行い、「聞く・話す・読む・書く」の4技能をバランス良く伸ばします。

アカデミックコースの時間割

国語 算数 生活 社会 理科 音楽 図工 体育 英語 宗教 家庭 特活 総合 合計
1年生 9 4 3 - - 2 2 3 2 1 - 1 - 27
3年生 7 6 - 2 2.6 1.7 1.7 3 2 1 - 1 2 30
5年生 6 6 - 3 3 1.5 2 3 3 1 1.5 1 3 33

5年生からはイングリッシュコースと
同じ授業数に!

赤字はイマージョン教育です。

英語で学ぶイングリッシュコース

算数・生活(理科)・音楽・図工・英語などの教科(全教科の約50%)を英語で学ぶイマージョン教育により、高い英語運用能力を身につけます。外国語教員(ネイティブ教員)と日本語教員のチーム・ティーチングで授業を行います。

イングリッシュコース

国語 算数 生活 社会 理科 音楽 図工 体育 英語 宗教 家庭 特活 総合 合計
1年生 9 4 3 - - 2 2 3 4 1 - 1 - 29
3年生 7 6 - 2 2.6 1.7 1.7 3 4 1 - 1 2 32
5年生 6 6 - 3 3 1.5 2 3 3 1 1.5 1 3 33

約半分の教科で
英語イマージョン授業を実施!

赤字はイマージョン教育です。


両コースともに日本語の力を育みます

言語は、その言語環境にいれば身につくものと思われがちですが、思考を深める言語を習得するには、専門的な教育が必要です。子どもたちは、「国語」や「読書」の学習活動を通して、日本語の意味や使い方、複雑な内容を的確に表現したり、情報や相手の気持ちを読み取ったりする方法を学びます。英語力がついても、自分の意見がなければコミュニケーションにはなりません。全教科を複合的・発展的に支える日本語の力を育みます。

児童一人ひとりの
チャレンジを応援!

「日本語の力」向上のために、4~6年生で
資格試験の受検を推奨しています。

日本語検定

日本語で論理的に考え、表現する力「言語力」の向上のために、日本語検定の取得に取り組んでいます。

漢字検定

小学生には難しい漢字でも、早い段階で積極的に学ぶきっかけとして、漢字検定にも挑戦しています。