園紹介

モンテッソーリ教育

マリア・モンテッソーリ(1870~1952)によって広げられた教育法です。モンテッソーリ教育の目的は、それぞれの子どもの発達段階を理解し、「偏りなく均整のとれた責任感と自信にあふれる自立した健全な人格」を育てることです。
子どもは、大人が思っている以上に、何でもできる力を持っています。その力を今、大切なこの時期にどれだけ引き伸ばせるかは、子どもの成長に応じた環境をどれだけ与えられるかどうかにかかっています。モンテッソーリ教育法は、子どもたちの「自分でもっとやりたい!」「もっとよくなりたい!」という欲求を満たすと共に、子どもの秘めた力を最大限に引き伸ばすことができる教育法です。

モンテッソーリ教育は、

  1. 日常生活の練習
  2. 感覚教育
  3. 言語教育
  4. 数教育
  5. 文化教育

の5つの領域から成り立っています。

1. 日常生活の練習
分ける、切る、折るなどの手先の洗練のための活動、机や椅子を運ぶ、机を拭く、手を洗う、着脱、挨拶をする…など、実生活の中の動きの一つひとつを練習するのが日常生活の練習です。これらの活動を通して、身体全体の筋肉の動きを調整するとともに、集中力、落ち着き、独立心を養います。
2. 感覚教育
子どもが生まれてから今までに、生活の中で受けた感覚器官(視・聴・触・嗅・味)の刺激を体系付けきちんと理解することを助けます。バランスのとれた五感の発達を目指します。
3. 言語教育
人間にとって言語は、お互いを理解するために大変重要なコミュニケーションの方法です。この時期に整えられた環境の中で、感覚的な要素をもった教具を系統的に使うことによって、聞く・話す・読む・書くなど子どもたち自身が楽しく習得していきます。
4. 数教育
子どもにとって疑問に思ったことの「答え」を自分で導き出すということは大きな自信と自己信頼を得るための大切な行為です。棒やビーズを使って感覚的に量を印象付け、秩序立てていったことが、より抽象的な領域へと導いていきます。量と数詞の一致が大切にされています。
5. 文化教育
好奇心旺盛の子どもにとって、外界に存在するもの全てが新しく、探索せずにはいられないものです。文化教育は、宇宙や地域、世界の国、生物、植物など様々な分野を知り、生命の神秘、生命の尊さ等を子どもたちに伝えていきます。