園紹介(モンテッソーリ教育を取り入れた保育)

モンテッソーリ教育

マリア・モンテッソーリ(1870~1952)によって広げられた教育法です。モンテッソーリ教育の目的は、それぞれの子どもの発達段階を理解し、「偏りなく均整のとれた責任感と自信にあふれる自立した健全な人格」を育てることです。
子どもは、大人が思っている以上に、何でもできる力を持っています。その力を今、大切なこの時期にどれだけ引き伸ばせるかは、子どもの成長に応じた環境をどれだけ与えられるかどうかにかかっています。モンテッソーリ教育法は、子どもたちの「自分でもっとやりたい!」「もっとよくなりたい!」という欲求を満たすと共に、子どもの秘めた力を最大限に引き伸ばすことができる教育法です。